home     rattlesnake records    lyrics     tour info     snake bytes     snake mail     biography

snaketitle4.GIF (3501 bytes)        ラトルスネイク・アニー  バイオグラフィ

.
      

.
 


Rattlesnake Annie
ラトルスネイク・アニー  バイオグラフィ

カントリー/ブルース音楽の歴史を紐解いても、Rattlesnake Annieと肩を並べる女性アーティストは見当たらない。ただひとり、ギター一本をたずさえて世界中を飛び回り、自らの音楽と各地の音楽をブレンドさせて数多くの言語で歌をうたい、レコーディングを続けている。

Rattlesnake Annie はスコットランド系アイルランド人とチェロキー・インディアンの血を受け継いで、テネシー州パリスの綿花タバコ畑地帯に生まれた。故郷はケンタッキー州との州境にほど近く、メンフィスとナッシュビルのちょうど中間あたりの町。すなわち、ブルース、ジャズ、カントリー、ブルーグラスの音楽が交わるクロスロードにあたる。

生まれたばかりの頃、洗い桶に入れられて、黒人や白人、地元や流れ者の労働者が働く畑へ連れて行かれた。そこで働く者たちが独特の声で呼び交し、またブルースや霊歌を歌ったり笑い話をして楽しむ様子を、幼いRattlesnake はいつも見て聞いていた。そして幼少の頃から、生と死、喜びや悲しみを身近に見ながら大人達と共に働いた。やがて10歳になる頃には自作の歌を歌い、ギターの才能が花開く。

従姉妹たちとトリオグループ The Gallimore Sisters を結成したとき、Rattlesnakeはわずか12歳。3人が初めてお金(6ドル)をもらって演奏したのは、テネシー州知事Frank Clement の選挙演説会場だった。ふだんは地元の教会や葬儀場、結婚式に刑務所、干し草を積んで遠くまで運ぶ荷馬車の隊列などで無料演奏をしていた。この頃、テネシー州パリスのFMWTPR Martha White Flour(マーサの小麦粉屋)提供の The Gallimore Sisters主演番組も放送されるようになった。また、テネシー州全土からミュージシャンが集まるコンテストで優勝したときは、カントリーミュージックの殿堂Grand Ole Opryへ招かれ、Mother Maybelle CarterRoy AcuffHank SnowBill MonroeFlatt & Scruggsらと同じステージに立つ。

16歳になったRattlesnakeは故郷を離れメンフィスへ、この街が生み出すブルースやロックのサウンドに誘われて移り住む。そして世界的にも有名なビール通りで数年間を過ごし大きく成長。ギターを弾いて歌い、Ligtnin' HopkinsMemphis MinnieFurry LewisMuddy Watersら、伝説的なミュージシャンたちから多くを学んだ。

1960年代にテキサス州へ渡ると、Willie Nelson と親交を結んでよく競演もした。Rattlesnake はその後も精力的にコンサートツアーや作曲を続け、レコーディングでは自らプロデューサーも務める。Columbia-Nashvilleからリリースされた Rattlesnake Annie は中でも非常に高い評価を受け、3曲がビルボードのシングルチャートにランクインした。

成功の波に乗ったRattlesnakeはヨーロッパやアジアへ招かれ、アメリカ南部音楽の象徴的存在となる。

『純粋さの織りなす美しい響き・・・Rattlesnakeのおかげで、アメリカンフォーク音楽が持つ、時空を越えた強さやクオリティをまた信じることができた』

 英国New Musical Express New Musical Express

1982年、鉄のカーテンの向こう側でひと味違った旅が始まる。チェコ人のアーティスト Michal Tucny に招かれてレコーティングとツアーを行い、初の競演アルバム Rattlesnake Annie and The Last Cowboy はプラチナ・ディスクを獲得。

Rattlesnake はチェコスロバキアの若者達の夢を見事に捉え、アメリカンフォークのスーパースターになった』

 Sedmicka Pionyru Jana Cerna

1991年、アメリカ人ミュージシャンとしては初めて、日本のソニーレコードの直属アーティストとして契約。アルバム数枚をリリースし、日本でコンサートツアーも行った。また、加藤登紀子、南こうせつ、小坂一也ら、日本を代表するアーティストとの競演も数多い。

Rattlesnake 28年前から南スペインで暮らす。アンダルシアのジプシー・フラメンコ音楽文化の中心地で、フラメンコのギタリスト、歌手、レコーディング・アーティストとして活躍してきた。

Rattlesnake の声には真実がある』

 スペイン、Caprensaの著名なジャーナリストAngel Alvares Caballero

『ブルースのペーソスを帯びた声の持ち主。正真正銘の渡り歩くジプシーだ』

 イタリア、El Ultimo BuscanderoPaolu Caru

アメリカ南部の文化が生んだRattlesnake は、有無を言わせぬカントリー/ブルース音楽の国際親善大使である。たったひとりギター一本をたずさえて、世界の人々に南部のルーツ音楽を伝え歩き、聴衆の心をとらえて離さない。

 

 

 

1998 - 2008 Rattlesnake Records. All rights reserved.